DSC_7119_LT.jpg

日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020

「ひみつジャナイ基地プロジェクト」

PROJECT

PROGRAM

アートプロジェクト活動拠点/Art Base

CLIENTS

​道後アート実行委員会

Dogo Art Executive

Katsuhiko Hibino x Dogo Onsen, Dogo Art 2019/2020"Himitsujanai Kichi Project"

TYPE

実施コンペ / Competition

YEAR

2020.06

LOCATION

愛媛県松山市道後湯月町(上人坂)

2-41 Dogo Yuzukicho, Matsuyama, Ehime

COLLABORATORS

​実施設計/Detailed design

愛媛建築研究所/Ehime Architecture and design Office

構造設計/structural design

PHOTOGRAPHY

藤尾構造建築設計事務所/Fujio and Associates

施工/construction

Iyo Takumi no kai (Susumu Ito / Ito construction firm)

伊藤工務店+伊予匠ノ会

宮畑周平[瀬戸内編集デザイン研究所]

Shuhei Miyahata [Setouchi Editorial Institute]

SUMMARY

This is a project for which a 23-year old graduate student did the preliminary design and design development. It is a work of collaboration created with local young architects and artisans.

 

Matsuyama in Ehime Prefecture is a city known for Dogo Onsen. The area enjoys a mild climate thanks to the Seto Inland Sea, and with hot springs as a tourist resource, it is ranked as one of the most popular sightseeing destinations in Japan. Since 2014, art events have been held as part of the town revitalization strategy, and this facility was built for the 2019/ 2020 edition of the art project to provide a base for those activities. It is a small-scale, public architecture also used as a community hub.

 

The project site is located at the end of a gentle slope, facing a historic temple. There are also a number of traditional temples and shrines in the area. While inheriting their essence in a contemporary manner, the project is designed to be site-specific, appropriate as a base for artistic activities.

 

The roof, undulating in harmony with the surrounding natural environment, uses the elegantly curved roof of shrines and temples as a metaphor.

The form of the roof is defined by the context of the site. Its outline follows the edge of the gentle slope, and the open frontage, when looked from down the slope, provides a sequential experience with the temple. When seen from the top of the slope, the conical form mimics the surrounding mountains, completing the landscape as a foreground.

Thus, the curved lines are drawn not only by my intention but also in accordance with the history and the landscape. A line drawn in such a way can be beautiful.

 

What brings them together as architecture is the structural system centered around the main column.

The column is decentered on a circular plan with a diameter of 7,800 mm. The climbing beams, which rest on the peripheral columns of different heights, meet at the main column to form the three-dimensional surface of the timber roof floating in the air.

The deviated center generates a mountain-shaped design with deep eaves and maximizes the space for activities as doma (earthen floor)/ gallery while downsizing the semicircular interior space.

When seen from inside, the undulating eaves gently frame the surrounding landscape, opening up the space of less than 20 tsubo (approx. 66 sq. m).

By creating an open space integrated with the existing environment, the art/ community hub is designed as a place where everyone feels invited.

「上人坂の編集者として

 四国は松山、道後地区に点在する神社仏閣の一つに、時宗開祖である一遍上人の生誕地と伝わる宝厳寺がある。 道後温泉本館の東、山裾に鎮座する宝厳寺へと向かう「上人坂」は、 門前町としての歴史から始まり、 夏目漱石名著「坊っちゃん」では花街として描かれ、通称ネオン坂とも呼ばれた場所である。 現在ではそれらのコンテクストが薄れる中、社会状況に伴う空き家の点在も起因し、混沌とした空気を纏う場となっている。  

 

 本計画案が据えられるのは、その上人坂を登り切った先にある、アールの効いたエッジである。 わずか 50 坪程の土地であるが、向かいにある宝厳寺から見下ろす風景を決定付ける立地条件を持つ。 無論、そこから見ら れるのは歴史的コンテクストのみならず、山裾ゆえ両脇に広がる山々、坂上という立地条件から望む遠景が効いた、 デプスを持った風景である。  

 

 本拠点が担う役割は、歴史・社会状況・風景という重層するコンテクストを纏う「上人坂の再編」である。 薄れゆく歴史への応答、沈みゆく地域社会への鼓舞、連なる風景への責任、それらを一遍上人の名の如く“一にして遍き”、土地の真価をアートとしてのスケールを超越した「建築」によって示すこと、地域再編へ向けた多様な活動を内包する「多義的な拠点」を生み出す事が課せられた使命であった。

初期段階のドローイング

「一にして遍く思想とその姿」

 本提案を創造する手掛かりとして、上人坂を含む道後地区に歴史的拠点として点在する神社仏閣を参照した。既にこの地において、数百年に渡り小規模分散拠点として根を下ろしてきたそれらをメタファーとする事は至極必然な判断であった。 取り分け着目し、本提案における建築構成要素のアウトラインとして設定されたのは、破風や緩やかな勾配によって表現される、優美な曲面屋根という形式である。

 その形状を定めるのは上人坂の歴史・風景というコンテクストである。 アールの効いたエッジと屋根の外形線の近似、かつての花街としての歴史を匂わせる妖艶なフォルム、 周囲の山々に近似するフォルムを近景として添える事で完成する風景という様に、 描かれる曲線は私の意思のみならず、歴史・風景との合意形成のもとにある。 そのようにして描かれる線は、違わず美しいものである。

 本計画案を建築として成立させるのは、大黒柱を主体とした構造形式である。直径 7,800mmの円形平面に対し、偏心した重心に大黒柱が配され、周囲を巡る高さの異なる柱から登り梁が集約されることで、木造による曲面を描く三次曲面屋根が浮かび上がる。曲面を描く渦の中心となる大黒柱は強い求心性を宿し、人々を引き寄せ、多様な活動を内包する場を生み出す。混沌と重層するコンテクストに対し、一にして遍く思想を貫く事で立ち現れる建築の姿が、その思想と近似する佇まいを持つ事は必然と言えるだろう。

フィールドワークによって確認されたデザインコード

コンテクストから描かれる曲線

「ひみつジャナイ基地プロジェクト」

日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020

photo by Hiroaki Zenke
photo by Hiroaki Zenke
photo by Hiroaki Zenke
photo office NAKAMURA
photo office NAKAMURA